「独立・起業」ワンポイントアドバイス

10 独立・起業までの流れは

2013年 10月 18日

 「独立・起業する!」と思い立っても、すぐに事業を始められるわけではありません。
 情報収集や資格の勉強など、開業に向けた準備はできるだけ今の仕事をつづけながら進めて、資金のめどや開業のダンドリが整ったところで、会社を辞めるのが理想的です。

 開業までに必要なステップは、個人事業にするか、会社を設立するかで異なります。
個人事業なら、開業の手続きや資金は比較的コンパクトに進められますが、会社設立となると作成・提出する書類が多く、個人事業と比べると開業に必要な費用もかさみます。

 また、業種や事業内容によっては営業の許認可が必要だったり、従業員を雇用する場合は給与支払事務所等の開設届出書を提出しなくてはならないなど、自社の事情によって必要な手続きが異なるので注意しましょう。

 時間的な目安は、独立の準備に1年前後、開業手続と開店準備に1~3か月程度です。時間をかけすぎると、時代とズレが生じますし、急ぎすぎると準備不足になります。あわてずに、今の仕事をつづけながら着々と準備を進めましょう。

PAGE TOP