「独立・起業」ワンポイントアドバイス

6 資格や趣味を生かして起業するなら②

2013年 10月 4日

●熱意を武器にビジネス感覚を磨く「趣味系」起業

 自分が好きで打ち込んできた趣味を生かした仕事ができれば、その喜びは大きく、モチベーションも高まります。好きだからこそ苦労も耐えられるでしょうし、仕事のアイデアも次々に湧いてくるでしょう。趣味を通じて培った人脈が、心強いアドバイザーやサポーターになってくれる可能性もあります。
 

 ただし、趣味ならば自分さえ満足できればいいのですが、それを仕事にするとなると、お客様に満足してもらえる商品やサービスを提供できなくてはなりません。そのため、自分の知識や技術が対価を得られるだけの高いレベルに達しているかどうかを、冷静に判断する必要があります。
 

 また、仕事を趣味の延長のつもりでいると、原材料や手間に過度にこだわってしまい、コストがかかりすぎて採算のとれない商売になりかねません。

 
 事業である以上、趣味の感覚とは一線を画して、つねにコスト管理や採算を考えることが大切です。

PAGE TOP