「独立・起業」ワンポイントアドバイス

2 起業する前にシミュレーションしよう

2013年 9月 13日

 あなたが起業で成功するか否かの分かれ道は、構想段階からすでに始まっています。
 業種の選択、事業形態、開業資金、経営手法。事前にどれだけ情報を集められて、最適な選択ができるかにかかってきます。

 そのために必要な作業が、シミュレーションです。

 自分はどんな商売ができるのか?ノウハウがあるのか?お金を払ってくれるお客様はどんな人か?どのように広告・宣伝すれば人が集まるか?それにはお金がいくら必要か?
 これらのことを、正確に予測して事業を運営していく能力が、経営者には求められるのです。

 ただし、シミュレーションといっても、机上で展開するだけではなかなか現実味を帯びてきません。企業の準備段階は、いわば「お試し期間」。

 おすすめしたいのは、まず副業として初めて見たり、週末起業したり、起業を考えている業種に転職するなどして、ビジネスの実際を体験することです。自分の資質や世間の反応などが肌感覚でわかると、準備や選択の判断がより的確なものになり、起業前から成功への流れができてきます。

PAGE TOP